60代が関節痛や腰痛にならないために気をつけることとはあるのでしょうか?

60代が日常生活を送る上で大きな障害になることが多いのが関節痛と腰痛です。とくに膝の関節痛は60代に急増し、最終的にはほとんどの人がなんらかの形で痛みや不安を抱えるとも言われています。こうした関節の痛みは体を動かす際の大きな妨げになるだけでなく、外出の機会や社会との接点を奪う要因にもなってしまうので注意が必要です。

60代の関節痛対策は軟骨成分を摂り磨り減りを避けること

60代のサプリメント

では60代が関節痛や腰痛にならないためにはどういった点に気をつければよいのでしょうか?いくつかのポイントがあります。

 

まず関節痛の最大の原因となる軟骨の磨り減りをできるだけ避けることです。

 

関節部分には骨と骨との間でクッションの役割を果たしている軟骨という骨があります。これが歩いたとき、走ったときに骨に伝わる衝撃を和らげているのですが、長年の使用による磨耗や怪我による損傷によって少しずつ失われていきます。

 

その影響が見られ始めるのがちょうど60代くらいで、クッションが失われたことで骨への衝撃が強まり痛みがはしるほか、骨と骨がぶつかるようになって変形性関節症に発展してしまうこともあります。これが進行すると最終的には歩けなくなってしまうこともある怖い症状です。

 

これを防ぐためには軟骨の修復を促すのが最大のポイントです。軟骨はグルコサミンやコンドロイチンといった成分でなりたっているほか、コラーゲン、ヒアルロン酸もその働きに重要な役割を担っています。

 

ですからこれらの成分を日々の生活の中で補っていくことで軟骨を修復し、磨耗を防ぐことで関節への負担を和らげていくことができるのです。これらの成分は美容成分として知られていますが、高齢者の関節痛対策としても覚えておきたいところです。手軽に摂取できるサプリメントやドリンクも発売されているのでチェックしてみましょう。

60代の急激な体重増加は関節や骨に大きな負担をかけてしまう

60代のサプリメント

それから体重の増加も気をつけたい点です。60代になるとどうしても体を動かす機会が少なくなるうえ、時間の余裕ができたこともあって手持ち無沙汰になってしまった結果ついつい食べ物に手を伸ばしてしまう機会も多くなります。

 

しかも老化の影響で脂肪が蓄積しやすい状態になっているので体重が一気に増えてしまうことが多く、それが膝や腰に負担をかけて痛みの原因を引き起こします。人間の骨格は20代前半〜半ばまでに固まるといわれ、そのときの体重で「セッティング」されます。

 

ですから高齢になって急激に体重が増えると関節や骨に大きな負担をかけてしまうのです。それだけに食べすぎには十分に注意し、体を温めて基礎代謝を高めるなど肥満防止の対策にも日々の生活の中で取り組んでいくようにしましょう。

60代女性が使いたいサプリ口コミランキング

60代女性に使ってみたい人気のサプリメント

高麗美人 編集部オススメ!

100万袋突破!中高年の「ゲンキ」と「キレイ」を叶える大人気の高麗人参サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

サントリー グルコサミン アクティブ 編集部オススメ!

サントリーグルコサミン

累計2000万個!毎日アクティブに過ごすなら人気と満足度を誇るこのサプリ
30日分4500円・税別/60日分7800円+税(通販限定・送料無料)
>>公式HPで詳しく見てみる!

幸健生彩(こうけんせいさい)

60代女性サプリ人気幸健生彩

養命酒の生薬6種使用!60代になってからだの機能低下を感じ始めたら
2,940円・税込
>>幸健生彩の公式ホームページで詳しく見てみる!