年齢とともに肌質が変わった…ケア用品は変えた方が良いのでしょうか?

乾燥肌、脂性肌、敏感肌…こうした肌質は使用するスキンケア製品からケア方法まで日ごろのスキンケアを決める非常に重要な要素です。あくまで自分の肌に合ったものを使用し、その肌質がもたらすトラブルのリスクを改善していくことが求められるわけですが、この肌質はつねに同じ状態というわけではありません。

年齢とともに肌質が変わればスキンケア用品も変える必要がある

60代の健康と美容Q&A

洗顔をしすぎると肌が乾燥してしまうことかよく知られていますが、日常生活の中で肌質が変化していくのです。その中でもとくに変化の大きな要因となるのが年齢です。

 

年齢による肌質の変化はおもに老化が原因で起こるものです。唯一といってもよい例外は思春期から成人に達するまでの時期で、成長期によるホルモン分泌の活性化がニキビの原因となっていたものが大人になっていくにつれて落ち着いていくようになります。

 

それ以外のケースでは老化が原因で生じた変化が肌質に影響を及ぼすことになるのです。

 

ですから当然のことながら肌質に合わせてスキンケア製品もケア方法も変えていく必要があります。注意したいのは老化が進み始めた後も若い頃と同じケアを続けてしまうことで、20代と同じ感覚でケアを続けた結果さまざまな肌トラブルを抱えてしまうケースもよく見られます。

 

そんな年齢とともに変化する肌質に合わせたケアで重要なのは保湿です。お肌の曲がり角といわれる30歳前後から角質層に含まれているセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分の含有量が減少していきます。40代になるとピークの20代に比べて半分以下、60代にもなると数分の一にまで減ってしまうため、水分を維持する働きが低下することで乾燥が進んでいきます。

年齢を重ねれば年齢肌に起こるトラブルの集中的ケアが必要

60代の健康と美容Q&A

ですから保湿成分が充実したスキンケアを心がけるとともに洗顔料もマイルドものに切り替えて乾燥をできるだけ防ぐケアが求められるようになります。

 

お肌の曲がり角はもう一度、30代後半に訪れるといいます。この時期から老化が本格的に加速していくため、保湿対策はもちろん、活性酸素を防ぐ抗酸化対策、さらにシワやシミ、たるみといった年齢肌に起こるトラブルに対する集中的なケアが必要になってくるのでひとりひとり肌質はもちろん、抱えている悩みにあわせたケア用品を切り替えていくことになります。

 

さらに50代、60代になると肌のバリア機能が低下することでスキンケアのダメージが大きくなっていきます。効果ばかり意識するのではなく、肌に負担をかけず優しく使い続けることができるかどうかが問われます。こうした年齢による肌質の変化はエイジングケアとも深く関わってくるとても大事なポイントなのです。

60代女性が使いたいサプリ口コミランキング

60代女性に使ってみたい人気のサプリメント

高麗美人 編集部オススメ!

100万袋突破!中高年の「ゲンキ」と「キレイ」を叶える大人気の高麗人参サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

サントリー グルコサミン アクティブ 編集部オススメ!

サントリーグルコサミン

累計2000万個!毎日アクティブに過ごすなら人気と満足度を誇るこのサプリ
30日分4500円・税別/60日分7800円+税(通販限定・送料無料)
>>公式HPで詳しく見てみる!

幸健生彩(こうけんせいさい)

60代女性サプリ人気幸健生彩

養命酒の生薬6種使用!60代になってからだの機能低下を感じ始めたら
2,940円・税込
>>幸健生彩の公式ホームページで詳しく見てみる!