中高年になってもニキビが!若い頃のニキビと何が違う?どのようなケアを行えばいいの?

ニキビといえば思春期にできるもの、とのイメージがどうしても強いですが、現代では年代を問わずニキビに悩まされている方も増えています。こうした成人になってからニキビは「大人ニキビ」と総称されていますが、30代、40代までに見られるニキビと50代以上の中高年に見られるニキビではまた事情が異なってくる部分もあるので注意が必要です。

中高年のニキビの原因は肌の保湿成分が減少するため

60代の健康と美容Q&A

30代、40代のニキビはストレスや生活習慣の乱れによる皮脂の分泌量の増加が大きな原因となっています。ストレスが男性ホルモンを増加させることで皮脂の分泌量も増え、毛穴を詰まらせてニキビの原因となるアクネ菌のエサになってしまうのです。また糖分、脂分が多い食生活が皮脂の分泌量を増やしてしまうケースも少なくありません。

 

思秋期のニキビもホルモン分泌の影響で皮脂の分泌が過剰になってしまうのが原因ですから、皮脂対策が必要、という点では共通しているわけです。

 

それに対して中高年になるとそもそも体の衰えもあって皮脂の分泌量が減少することもあって過剰な分泌が原因になるケースが少なくなります。男性の場合は中高年になって皮膚が脂っぽくなるケースもありますが、それが直接ニキビの原因になることは少なく、逆に乾燥が大きな要因として浮上してきます。

 

老化が進むと肌が乾燥していくのはよく知られています。角質層で潤いを保っていたセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分の生成量・含有量が減少するのが直接の原因です。さらに皮脂の分泌量が不足すると表皮から水分が蒸発して失われやすくなることでますます乾燥が加速します。

中高年のニキビには保湿でバリア機能の改善をし抗炎症成分を補うこと

60代の健康と美容Q&A

そうなるとバリア機能が低下し、ちょっとした刺激に対して炎症を起こしてしまうようになるのです。若い頃はバリア機能によって抑えられていたアクネ菌が機能の低下によって活発に繁殖・増殖できるようになることでニキビが発症しやすい環境が作られていきます。

 

さらに乾燥が進むと皮膚がカサカサになるとともに毛穴の柔軟性が失われていきます。毛穴が細く硬くなることで開きにくくなり、いったん毛穴に詰まった皮脂や角質が洗顔でもなかなか落としにくくなり、それがアクネ菌のエサになります。つまりアクネ菌を抑える免疫力が低下しているうえにエサを提供してしまっているわけです。

 

ですからケア方法としてはまず保湿でバリア機能の改善を目指す、そのうえで刺激に対して不安定な状態になっている肌を改善するためサリチル酸やグリチルリチン酸ジカリウムといった殺菌・抗炎症成分を補っていく。これが第一です。そのうえで適度な油分をクリームで補って水分の蒸発を防げばニキビができにくい環境へと改善していくことができるでしょう。

60代女性が使いたいサプリ口コミランキング

60代女性に使ってみたい人気のサプリメント

高麗美人 編集部オススメ!

100万袋突破!中高年の「ゲンキ」と「キレイ」を叶える大人気の高麗人参サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

サントリー グルコサミン アクティブ 編集部オススメ!

サントリーグルコサミン

累計2000万個!毎日アクティブに過ごすなら人気と満足度を誇るこのサプリ
30日分4500円・税別/60日分7800円+税(通販限定・送料無料)
>>公式HPで詳しく見てみる!

幸健生彩(こうけんせいさい)

60代女性サプリ人気幸健生彩

養命酒の生薬6種使用!60代になってからだの機能低下を感じ始めたら
2,940円・税込
>>幸健生彩の公式ホームページで詳しく見てみる!