眠りにくい、すぐ目が覚める…気を付けたい睡眠障害

睡眠障害は健康な生活を妨げる大きな要因です。眠っている間には新陳代謝が活発になるため、十分な睡眠が確保できていないと疲れがとれないだけでなく若々しく健康な体を維持することが難しくなってしまいます。

睡眠環境を整えるには就寝前のPCやスマホ、カフェインの摂取を控える

60代サプリ口コミ

この睡眠環境に関しては単にベッドに入っている時間を確保すればよいわけではないのが難しいところです。

 

深い睡眠、つまり脳を含めた体を休ませつつ、新陳代謝を活発にできるような環境が必要なのです。ベッドに入ってもなかなか眠れない、または夜中に何度も目が覚めてしまうといった悩みを抱えている方は健康の維持はもちろん、病気の予防もこめて睡眠環境の改善にとりくんでみましょう。

 

まず就寝前の環境を見直してみましょう。たとえばパソコンやスマホを寝る直前までやっていると脳が刺激を受けた状態なのでなかなか睡眠に入れなくなります。同じように脳を活発化させるカフェインも要注意。

 

中高年の間でSNSを行う人が増えたことで長時間パソコン、スマホを行うケースも見られるため、よく眠れないという方は自分のパソコン、スマホ環境を見直してみましょう

 

それから食事から十分な時間が空いているか。理想としては食事から2時間以上空けてから就寝する環境が望まれます。十分に食事が消化されていないと睡眠中に胃腸が活発に活動するため休息がとれず、深い睡眠が取れない可能性があります。

就寝前だけではなく規則正しい生活環境を日ごろから心がけることが睡眠環境の充実につながる

60代サプリ口コミ

また就寝前にお茶やお酒をたくさん飲んでいるとどうしても夜中に尿意をもよおして起きてしまがち、とくに高齢の男性は頻尿になりやすいので水分摂取量にも気をつけましょう

 

あとは基本中の基本ですが規則正しい生活環境を維持できているか。悠々自適な生活はよいですが、毎日就寝する時間がバラバラ、夜更かしばかりしているといった生活を送っていると体内時計に狂いが生じてうまく睡眠が確保できなくなります。早寝早起き、できるだけ毎日同じ時間に就寝・起床するよう心がけましょう。

 

これらの基本に加えて眠る環境も意識すると質の高い睡眠をとりやすくなります。枕の高さは高すぎず低すぎず、寝巻き(パジャマ)は体を締めつけすぎずゆったりとしたものを、ベッドはやわらかすぎると寝返りをうまく打てなくなるので適度なクッションが効いているものを。

 

こうした点を意識して改めるだけでも睡眠環境がずいぶんと変わってくるはずです。さらに寝る部屋の基本、暗さなども見ておきたい点です。いかに心身をリラックスさせて休息できる環境を確保できるか、生活環境のさまざまな面を見直してみるとよいでしょう。

60代女性が使いたいサプリ口コミランキング

60代女性に使ってみたい人気のサプリメント

高麗美人 編集部オススメ!

100万袋突破!中高年の「ゲンキ」と「キレイ」を叶える大人気の高麗人参サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

サントリー グルコサミン アクティブ 編集部オススメ!

サントリーグルコサミン

累計2000万個!毎日アクティブに過ごすなら人気と満足度を誇るこのサプリ
30日分4500円・税別/60日分7800円+税(通販限定・送料無料)
>>公式HPで詳しく見てみる!

幸健生彩(こうけんせいさい)

60代女性サプリ人気幸健生彩

養命酒の生薬6種使用!60代になってからだの機能低下を感じ始めたら
2,940円・税込
>>幸健生彩の公式ホームページで詳しく見てみる!