60代がかかりやすい病気-動脈硬化・心筋梗塞-

60代がかかりやすい病気の中でも筆頭に上げられるのが動脈硬化です。そしてこの動脈硬化が進行することによって発症するリスクが急激に増大するのが心筋梗塞。ですからまずは動脈硬化を予防しつつ、心筋梗塞のリスクを抱えないような体作りが求められます。

60代は動脈硬化がもたらす心筋梗塞のリスクが高くなる

60代のサプリメント

動脈硬化とは動脈が硬くなってしまう状態のことです。もともと動脈は柔らかく柔軟性があり、血液の流れや量に応じて収縮と拡張を繰り返しながら血液を送り出しています。しかし動脈が硬くなって柔軟性が失われてしまうとこの血液を送り出す働きが十分に機能しなくなって血液が流れにくくなってしまうのです。そうなると心臓は何とか血液を全身に行き渡らせるために血液を流す圧力を高めるため、心臓に大きな負担がかかってしまいます

 

さらに圧力が高まることで高血圧の原因になってしまうなど非常に大きな影響を及ぼしてしまうのです。

 

しかも血管が硬くなる影響はそれだけではありません。柔軟性が失われる一方で血管の内側がもろくなって粥腫というものができることで血管がますます狭くなって血液の流れが悪くなってしまうのです。それに加えて高齢になると増える血栓ができると血行が悪化する条件が見事に揃ってしまうことになります。

 

こうした動脈硬化がもたらす血行への影響から抱えるリスクは心筋梗塞だけでなくさまざまな範囲に及びます。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血といった脳卒中、さらに心不全や狭心症といった心臓への影響、ほかにも下半身に生じる下肢閉塞性動脈硬化症などもあります。こうしてみても影響は全身に及ぶと考えてもよいでしょう。

動脈硬化は自覚症状がないので生活習慣の改善が大切

60代のサプリメント

もっとも恐ろしいのは動脈硬化そのものは自覚症状がほとんどないことです。実際問題として「最近ちょっと血管が硬くなって血行が滞っているな」と自覚する機会などないでしょう。知らず知らずのうちに症状が進行し、血行が悪化していくため気がついたときにはかなり悪化してしまっていることが多いのです、検査で血圧が高い数値が出た、さらには脳卒中や心筋梗塞で倒れてはじめて判明するなどといったケースも起こりえます。

 

ではどうすればよいのか?最大のポイントはやはり生活習慣の改善です。脂質や糖分が過剰気味な食生活で血液をドロドロにしない、適度な運動で血行を維持する、睡眠環境を充実させるといった環境づくりを心がけましょう。そのうえで老化を防ぐ抗酸化作用を持つ成分を摂取するのもオススメです。

 

あとは定期的に血糖値や血圧の検査を受けて健康状態を確認しておくこと。健康な60代を過ごすためにも動脈硬化を意識したうえで生活環境づくりを行っていきたいところです。

 

60代女性が使いたいサプリ口コミランキング

60代がかかりやすい病気-糖尿病-

60代にかかりやすい病気として糖尿病が意識されることは多くありませんが、決して見過ごすことはできない病気です、発症のリスクが増加するだけでなく、症状が重くなりやすく、しかも対策が難しいという厄介な特徴を備えているからです。

 

そもそも糖尿病は予備軍も含めれば全国で1000万人をはるかに越えるといわれる国民病、60代にとっても身近な病気です。しかもこの年齢になると体の老化が原因で発症のリスクが増大していきます。

60代になると食生活は変わっていないのに糖尿病のリスクが増大

60代のサプリメント

老化がもたらす影響で大きいのはインスリンの分泌と感受性の両方が低下してしまうことです。インスリンによってブドウ糖をエネルギーに変える仕組みがうまく機能しなくなってしまうことで血糖値が上昇し糖尿病のリスクが増大していくわけです。

 

糖尿病といえば甘いものを摂りすぎると発症しやすいといわれますが、それだけでなくインスリンがしっかり機能して血糖値をコントロールできているかどうかも大事な鍵となります。そのため60代になるとこれまでと食生活は変わっていないのに糖尿病のリスクが増大する恐れが出てくるのです。

 

まだ肥満になりやすい、とくに内臓脂肪が蓄積しやすい点も糖尿病のリスクを増大させてしまっている要因です。代謝が衰えるためですが、とくに女性の場合は更年期以降に急速に内臓脂肪が蓄積しやすくなるので要注意です。これは内臓脂肪の蓄積をコントロールしていた女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまうのが原因です。

老化の影響で合併症やがん、認知症のリスクも高まる

60代のサプリメント

こうした事情から糖尿病にかかりやすくなるわけですが、さらに発症してしまうと網膜症や神経障害、腎症といった合併症を抱えるリスクが高くなります。しかも老化の影響で動脈硬化が進行した結果心筋梗塞や心不全、脳卒中のリスクも増加するといった厄介な面も見られます。さらに恐ろしいのはがんや認知症のリスクが増大することが増大することです。こうなると生活習慣病の枠を超えて命にもかかわりかねない非常に怖い病気といえます。

 

さらに治療が難しい点も60代の糖尿病の厄介な点です。たとえば体力の衰えの影響で運動療法を思うようにできなくなります。関節痛や骨粗しょう症といった症状を抱えていればなおのこと運動による負荷を避けなければなりません。さらに腎臓の働きが低下するため薬物療法を行うと薬剤が体内に蓄積しやすくなるといった厄介な問題もあります。

 

こうして見ても60代の糖尿病がいかに厄介で恐ろしいかが理解できます。そのためにもまず予防に努めること、そのためには生活習慣の段階で相応しい対策と環境づくりを心がけることが必要なのでしょう。

60代がかかりやすい病気-悪玉コレステロール-

コレステロール値は中年に達すると誰もが気になるものですが、60代になるととくに悪玉コレステロールが健康に害をもたらすリスクが高まるので注意が必要です。

 

この悪玉コレステロール(LDL)は生活習慣と非常に密接な関わりがあります。血中の悪玉コレステロール値が上昇してしまう最大の要因も食生活をはじめとした生活習慣となっており、日々の生活を見直すところから対策をはじめていく必要があります。

60代になると内臓脂肪が蓄積しやすく悪玉コレステロールを増やす要因に

60代のサプリメント

まず肥満。体重の増加と脂肪の蓄積はコレステロール値だけでなく中性脂肪値の上昇ももたらしますが、この中性脂肪は悪玉コレステロールを増やす要因でもあるので注意しなければなりません。60代になると体の衰えで脂肪(とくに内臓脂肪)が蓄積しやすくなり中性脂肪値が高くなります。代謝が低下するほか、女性の場合は内臓脂肪の蓄積を防いでいたエストロゲンの減少も大きな要因です。

 

そのため50代までとそれほど食生活が変わっていない場合でも60代になって急に内臓脂肪が増えたり、悪玉コレステロールが増加してしまうといった現象が起こることがあります。

脂肪が蓄積しやすいうえ老化により運動で解消できないので悪循環

60代のサプリメント

それから運動不足。運動は中性脂肪を減らし、コレステロール値を調節する非常に有効な方法です。60代になると体力の衰えで運動をしようにも無理ができないという問題が生じます。関節痛や骨粗しょう症を抱えている状態で無理な運動をすれば症状が悪化してしまう恐れもありますし、急に体に負荷をかけると心臓などに負担をかけてしまう恐れがあります。

 

脂肪が蓄積しやすいうえに運動で解消できない、この2つが組み合わせることで悪玉コレステロールが蓄積しやすい環境がどんどん加速してしまうのです。

 

もうひとつ、肥満とも関わってくる点ですが、糖尿病が発症すると悪玉コレステロールが高くなります。60代ともなると血糖値を維持するのに欠かせないインスリンの分泌と感受性の両方が低下することで糖尿病のリスクが増加します。それに繰り返しになりますが内臓脂肪が蓄積しやすい状況になることで糖尿病と悪玉コレステロールの増加の両方が進行してしまうのです。

 

ほかには甲状腺機能の低下が原因で悪玉コレステロールが増加することもあります。

 

悪玉コレステロールが増加していくと血管の内部に「プラーク」と呼ばれる塊が増えていきます。その影響で血管内が狭くなり血行が悪化していくと血圧の上昇や動脈硬化といった症状が進行し、心筋梗塞や脳卒中といったリスクが増大していくのです。

 

悪玉コレステロールにしろ動脈硬化にしろ自覚するのが非常に難しいため、定期的な検診を受けて健康状態を確認し、そのつど適切な生活環境や対策を行っていくことが必要になるでしょう。

60代がかかりやすい病気-骨粗鬆症-

60代になると発症リスクが急上昇するのが骨粗しょう症です。骨の密度が低下してもろくなることで骨折のリスクを抱えやすくなります。骨粗しょう症そのものは日常生活に支障をきたすことは少ないのですが、以前では考えられなかったようなちょっとした衝撃で骨折してしまうなど思わぬ災難に見舞われやすくなるのがやっかいな点です。

60代はエストロゲンが少ないので骨粗しょう症のリスクが高くなる

60代のサプリメント

骨の密度が低くなる骨粗しょう症は骨が再生していくリモデリングという代謝のメカニズムと深く関わっています。骨は破骨細胞によって古い骨が壊されていく「骨吸収」とその部分に新しい骨が再生していく「骨形成」によって新しい状態が維持されています。

 

このメカニズムが問題なく機能していれば健康で適切な密度がある骨を維持できるわけですが、何らかの原因で骨吸収に対して骨形成がうまく機能しなくなると失われる分よりも作られる分の方が少なくなることで密度が低下してもろくなってしまうのです。

 

なお、この骨粗しょう症は女性に圧倒的に多い特徴が見られますが、それは女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっているとされています。 このエストロゲンは骨吸収を行う破骨細胞の働きを抑制し、新しい骨を作る骨芽細胞の働きを活性化させる働きがあるとされています。

 

このエストロゲンは更年期を境に分泌量が減少をはじめ、60代になるとかなり少なくなってしまうため骨が失われやすく、作られにくい状況に陥ることが骨粗しょう症のリスクが増大していくのです。

 

この骨の代謝は老化によっても低下しますから、老化対策をしっかり行い、女性は大豆イソフラボンなどでエストロゲンの不足を補いながら対策を行っていくことが大事です。

60代は食が細く乳製品の摂取が少なくなるのでカルシウムをしっかり摂ること

60代のサプリメント

もうひとつ、骨の原材料となるカルシウムをしっかり摂取できているかどうかも大事なポイントです。体内に摂取されたカルシウムはそのほとんど、およそ99パーセントが骨と歯に蓄えられます。

 

しかし血中のカルシウム濃度が低くなるとそれを補うために溶け出していくのです。このメカニズムのおかげで血中のカルシウム濃度が低くなるのを防ぐことができるのですが、骨からどんどん溶け出してしまうことでもろくなってしまう問題点も抱えています。

 

60代になると食が細くなる、乳製品の摂取量が少なくなるといった理由からカルシウムが不足しがちになりやすいのでこの点にも注意が必要でしょう。なおカルシウムを摂取する場合には骨への吸収を高めるビタミンDを併せて摂取するとよいといわれているので骨粗しょう症対策の一環として頭に入れておくとよいかもしれません。

60代がかかりやすい病気-老人性うつ-

高齢化の進行もあって近年急速に関心を集める機会が増えているのが老人性うつです。うつ症状そのものが社会全般で関心を集めるようになっているのもあるのでしょう。

60代は老化の影響でうつ症状がもたらす体への影響が表面化しやすい

60代のサプリメント

老人性うつとはその名称の通り高齢者に見られるうつ症状のことです。これはあまり注目を集めないうちにジワジワと社会全体に広がっているといわれており、たとえば2013年には1万人を越えた60歳以上の自殺者の増加とも深く関わっているとも考えられています。

 

老人性うつも基本的には若い世代のうつと状況は同じです。無気力や無感情、集中力の低下、さらに将来への絶望などネガティブな心境にとらわれてふさぎこんでしまいます。他の年代と少し異なる傾向としては健康面の問題を抱えやすい点が挙げられています。老化の影響でうつ症状がもたらす体への影響が表面化しやすいのが理由でしょう。

 

どうして老人性うつが問題になっているのか?理由としてはまず高齢者そのものの数が増加していることで発症例が増えていることが挙げられるでしょう。

 

また社会環境の変化が高齢者にも影響をもたらしている点も考えられます。人と人とのつながりが薄れつつある、経済面をはじめ先行き不透明な社会状況にあるといった難しい面が60代以上の人たちの精神状態にも大きな影響を及ぼしているのです。

 

高齢者の場合はとくに経済的な悩みを抱えても働いて挽回する機会が限られてしまう、健康面の不安がどんどん増大するといった他の世代にはない事情があります。

 

しかも定年退職した後は家に閉じこもりがち、社会との接点もなかなか持てずに孤立した生活を送ってしまうことも多く、それが精神面にマイナスの影響を及ぼしてしまっているケースも少なくありません。さらに配偶者や古い友人との死別などのショックから発症するケースがあるのも特徴として挙げられるでしょう。

老人性うつは認知症の症状と共通する部分があるので判断が難しい

60代のサプリメント

厄介なのは認知症の症状と共通する部分があるので判断が難しい点です。

 

とくに思考力、集中力の低下や反応の鈍さは認知症と判断されてしまいやすい傾向が見られます。見分けるポイントとしては表情が乏しくなった、落ち着きがなくなった、これまで好きだったことに突然興味を示さなくなった、といった点が挙げられます。

 

予防・対策のためには日ごろから健康的な生活を心がけることはもちろん、周囲の人間の理解とサポート、そしてできるだけ社会と接点を持って人と接する機会を設けることです。高齢化社会がますます進行していく今後、こうした老人性うつに対してどう対処していくのか、社会全体で取り組んでいきたいテーマといえるでしょう。

60代女性が使いたいサプリ口コミランキング

60代女性に使ってみたい人気のサプリメント

高麗美人 編集部オススメ!

100万袋突破!中高年の「ゲンキ」と「キレイ」を叶える大人気の高麗人参サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

サントリー グルコサミン アクティブ 編集部オススメ!

サントリーグルコサミン

累計2000万個!毎日アクティブに過ごすなら人気と満足度を誇るこのサプリ
30日分4500円・税別/60日分7800円+税(通販限定・送料無料)
>>公式HPで詳しく見てみる!

幸健生彩(こうけんせいさい)

60代女性サプリ人気幸健生彩

養命酒の生薬6種使用!60代になってからだの機能低下を感じ始めたら
2,940円・税込
>>幸健生彩の公式ホームページで詳しく見てみる!