老眼は予防できるのでしょうか?また効果的な老眼対策とは?

年齢を重ねると視力が低下していきます。目がかすむようになったり、ぼやけて見えるようになっていくため、細かい字が見にくくなるなど日常生活にも影響が生じます。この加齢による視力の低下を総称して老眼と呼んでおり、早い人では30代半ばくらいから、通常は40代半ばくらいから進行するようになります。60代になるとこれがかなり進行しているケースも多く、老眼鏡が手放せないという方も多いようです。

60代の老眼は避けられないが老化を遅らせるよう心掛けることが大切

60代のサプリメント

この老眼は水晶体と呼ばれる目の焦点を合わせる働きを持つ部分が衰えることで進行していきます。この水晶体は遠くのものとを見るときには薄くなり、近くのものを見るときには厚くなるなど臨機応変に変化し、ピントを合わせてものが見えるよう調節する働きを担っているのです。しかし年齢を重ねていくにつれてこの部分の機能が低下し、うまくピントを合わせられなくなってしまうことで老眼の症状が見られるようになるのです。

 

もう少し具体的に言えばこの水晶体の弾力が低下してしまうのに加えて水晶体の厚みを調節していた毛様体と呼ばれる筋肉が低下してしまうと老眼が進んでいきます。つまりピントを合わせようとしても水晶体を動かす筋肉がうまく機能しないうえに筋肉が水晶体の厚さを変えようとしても弾力に欠けているのでうまく適応できない状況になるわけです。

 

これは老化現象の一環として起こるので長期的に見れば防ぐことはできません。どんな人でも体の老化による機能の低下を防ぐことはできないからです。しかし短期的に見れば予防・改善することは十分に可能です。老化をできるだけ遅らせ、水晶体の働きを維持できるよう心がけていけばよいわけです。

適度に目を休ませ毛様体をほぐすストレッチや食生活の改善をすること

60代のサプリメント

まずは毛様体の働きを維持できる対策を行っていきましょう。最大のポイントは目を酷使しないことです。高齢者の間でSNSを使用するケースが急増しているといわれており、長時間パソコンやスマホ画面を見続ける習慣が根付きつつあります。視線を動かさずにモニター画面を見ていると毛様体だけでなく目の周辺から首にかけての筋肉が緊張状態に陥り、疲労が蓄積するだけでなく硬直してうまく機能しなくなってしまいます。

 

適度に目を休めて負担をかけないように注意すること、眼球をグルグルと回して毛様体をほぐすストレッチをうまく取り入れていきましょう。

 

それから食生活の改善。目によいと言われるアントシアニンやビタミンAといった食材を積極的に取り入れましょう。ブルーベリー、にんじん、ほうれん草、小松菜、レバー、うなぎ…充実した食生活は目の健康の土台作りにも大きな意味を持ちます。あとは老眼鏡とうまくつき合い、細かい字を見るときに目に負担をかけない環境づくりも大事です。

60代女性が使いたいサプリ口コミランキング

60代女性に使ってみたい人気のサプリメント

高麗美人 編集部オススメ!

100万袋突破!中高年の「ゲンキ」と「キレイ」を叶える大人気の高麗人参サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

サントリー グルコサミン アクティブ 編集部オススメ!

サントリーグルコサミン

累計2000万個!毎日アクティブに過ごすなら人気と満足度を誇るこのサプリ
30日分4500円・税別/60日分7800円+税(通販限定・送料無料)
>>公式HPで詳しく見てみる!

幸健生彩(こうけんせいさい)

60代女性サプリ人気幸健生彩

養命酒の生薬6種使用!60代になってからだの機能低下を感じ始めたら
2,940円・税込
>>幸健生彩の公式ホームページで詳しく見てみる!